表紙に戻る

もう一度小学生

独立記念日 8月17日
これがここの子ども会?大人会?
すごいダンス
尊重された お祈り
一番!簡単な方法伝授
休み時間
月1回の外そうじカード大好き!
ポケモンカード大人気
学校でお買い物!
お祈りお祈りさらに金曜日は
「みかんの未完成レポート」
ぼくの家族はインドネシア語です
ごっつい、正直な小学生!

愛すべき小学校

コミュニケーション能力MAX
小学生の落第!
入学の年令がバラバラ?
「早く!早く!早くしなさい。」
宿題わすれ、耳鼻パッチン!
理科の実験大好き
学校銀行
ままごと
職員会議テスト編
進級テスト今年度第一回目
幼く育てるに限る
子どもよりも早く帰る先生
体育のテストこれで最後
先生の研修
先生の手作り
ケンカしても先生不要

bagus! いいかんじ!

先生のお給料表示
町の学校と村の学校
余談
はやりの遊び
見せびらかしテスト返却
家庭科での食事
水泳のテスト
ユニフォーム紹介
プアサ (断食月)
ほのぼのプアサ
マンディーフジャン(雨の水浴び)
成績発表 
成績はいかに?
礼儀正しいあいさつ
虫歯鬼だよ、歯を磨きなさい!
まだ見ぬ友達へ-11月11日の話

Aaik juga! これもいいね!

校内放送
うんこの話
手が感じる味
校長室で注射「イタタタタ~~」
数字の並ぶ音楽
マクドナルドもプアサを応援!
花火の季節
おじぎ草
停電三昧
12月25日
イスラムのお正月ればらん
恋人の条件
これは楽しい始業式
「お土産は?」
手紙の中の「寒い」という表現
大好きなたこあげ
体育の時間始まりは衛生検査

まじない師の話

3年生からの英語教育
ウパチャラ
こんなのあったらボランティア
障害を受けた心
月に行ったらいいことあるよ
つなぐ人

写真集

 みんなと握手
 みんな仲良し
 先生たち
写真アラカルト

表紙に戻る

月に行ったらいいことあるよ。 2月25日

 テンバーヌ村の小学校の先生と話す機会があった。その先生が言うように(訳すと)
「ここはまだ森ですから・・・」と言うだけあって、大自然、周りはみんな緑色である。
この小学校の一番の悩みは、みんな大きくなるに従って勉強しなくなる。ということだった。入学人数が80人なのに卒業してゆく子供が40人、その後中学・高校へは10人が進学。大学へ行ったのは一人だそうだ。たとえば、「月に行ったらすばらしい地球がみれるよ。だから、一生懸命勉強しなさいね。」と言われたら、なんて言いますか?
「はあ?別に行きたくない。」
「行くのが怖いわ。」
「コーヒーでも飲みながらテレビで十分!」
「そんな勉強するよりも、明日のバーゲンに行きたい。」
まあこんなところだろうか?中には、
「母ちゃん!おれ宇宙が見たい。」と言う子どももいるだろう。でも、
「そんな、アホな話してる暇があったら部屋を片付けなさい!」とやられる。
「月に行ったら・・・・」感覚で「勉強したら・・・」を村で言い続ける。それは先生も子ども出来たらいいのだが、村には出来ないムードがあるらしい。
ある日パタッと子どもが来なくなる。そして、家庭訪問。
「この子が行きたがらないのですよ。」と母。その後息子は、
「お母さんがもう、4年生だから行かなくていいって言ってる。」というあべこべの返答がいつもらしい。子どもは行きたいが、親はもう十分遊ばしたから家を手伝ってほしいのだ。これが本当にかわいそうだと先生は言う。
「子どもはね、学校楽しいから行きたいのですよ。」お金がないのではないらしい。奨学金も4年生までは70人、5~6年生は14人と政府から援助が出ているらしい。危険を冒して、家族と離れて月から美しい地球を見るよりも、地球で家族のそばで暮らし結婚して子どもを抱く方がいい。周りがどっと月に行かないと、だれも行かないだろう。
ここの村人にとって「勉強する」ことはまだまだ自分たちの生活に入ってない。
この村で生活するにはまだまだ必要ないのだ。 でも、町から市へ、そして都会へ行くほど進学率もぐんとあがる。
しばらくの間、「別に月に行かなくっても、十分すごせるよ。」そんな感覚だろう。
子どもに対して、保護者に対して、友達に対して、そしてボランティアなどを通して何かをいっしょにする時に独りよがりにならずに、十分相手の話を聞くのが大事だなあと思う。でないと、とんでもないことをしているかもしれない。ちょっとふり返って「してたかも?」と思ってゾッとした。

先頭 前ページ 次ページ 最後