表紙に戻る

もう一度小学生

独立記念日 8月17日
これがここの子ども会?大人会?
すごいダンス
尊重された お祈り
一番!簡単な方法伝授
休み時間
月1回の外そうじカード大好き!
ポケモンカード大人気
学校でお買い物!
お祈りお祈りさらに金曜日は
「みかんの未完成レポート」
ぼくの家族はインドネシア語です
ごっつい、正直な小学生!

愛すべき小学校

コミュニケーション能力MAX
小学生の落第!
入学の年令がバラバラ?
「早く!早く!早くしなさい。」
宿題わすれ、耳鼻パッチン!
理科の実験大好き
学校銀行
ままごと
職員会議テスト編
進級テスト今年度第一回目
幼く育てるに限る
子どもよりも早く帰る先生
体育のテストこれで最後
先生の研修
先生の手作り
ケンカしても先生不要

bagus! いいかんじ!

先生のお給料表示
町の学校と村の学校
余談
はやりの遊び
見せびらかしテスト返却
家庭科での食事
水泳のテスト
ユニフォーム紹介
プアサ (断食月)
ほのぼのプアサ
マンディーフジャン(雨の水浴び)
成績発表 
成績はいかに?
礼儀正しいあいさつ
虫歯鬼だよ、歯を磨きなさい!
まだ見ぬ友達へ-11月11日の話

Aaik juga! これもいいね!

校内放送
うんこの話
手が感じる味
校長室で注射「イタタタタ~~」
数字の並ぶ音楽
マクドナルドもプアサを応援!
花火の季節
おじぎ草
停電三昧
12月25日
イスラムのお正月ればらん
恋人の条件
これは楽しい始業式
「お土産は?」
手紙の中の「寒い」という表現
大好きなたこあげ
体育の時間始まりは衛生検査

まじない師の話

3年生からの英語教育
ウパチャラ
こんなのあったらボランティア
障害を受けた心
月に行ったらいいことあるよ
つなぐ人

写真集

 みんなと握手
 みんな仲良し
 先生たち
写真アラカルト

表紙に戻る

停電三昧 12月18日

 停電といったら、台風の時ぐらいしか経験したことが無いのだけれど、ここでは3日に一度停電がやってくる。そんな時間にパソコンでも開いていたら、無念!の一言。それも、特にこの島だけの気もする。ジャワ島のジャカルタの大都から見ると、
「え?停電!そんなものないよ。」といって笑い。
「で、ロンボクの人っていったいどんな生活しているの?」といった質問。同じインドネシア人というよりもこちらの人は私は、ササック人。私はジャワ人。私
はスンバワ人といった感じであって、どうも話をしていると同じインドネシア人という気がしない。だから、ジャカルタからしたらロンボクは「とてつもない田舎で、違う国のようだ」と思われている。
さて、停電はだいたい6時頃にやって来て10時ぐらいに去って行く~~。電力会社の計画停電。「今日、この地域いっときまっか~!」てなノリだろう。その間、約4時間どこからともなくギターの音が流れてきたり、最近は花火をしている。ただ、扇風機は止まり、音楽も聴けない、ゴキブリは見えないので殺しにくい、そして後ろで怪しげな音が・・・・と私は停電がやはり大嫌い。
しかもその時間は無性に暑い。いいことは、新月だったら星は振るように見えるけど。ひたすら、ろうそくの明かりで本を読む。そして、目が悪くなる。目だけはよかった
のに・・・・・
子ども達に停電の時は何をしているか?と聞いたけれども、あんまり面白い答えは返ってこなかった。つまり、「いつもと同じ」なのだ。ろうそくがあったら、そのままやっていることを続けるし。なかったら月明かりでブラブラ。トイレも水浴びも困らない。停電が日常化していると、「今日は雨だ。いやだなあ。」ぐらいの感覚なのだろう。
電気が来たときはいきなり扇風機が動き出し、灯りが道路にあふれて、冷蔵庫が動き出す。その時、日本では味わったことのない感動が3日に一度味わえる。無いと初めてありがたみが分かるもの。電気・・・・
しかし、電気代を払っていて「消費者」として怒るという考えが無いのか?あきらめるのか?住民がもっと問題意識をもって動けば改善されることはいっぱいある。ゴミしかり、公共施設の雨漏りしかり・・・・そして、お金持ちだけが自家発電機を買えて停電のとき一軒だけ赤々としてる。

先頭 前ページ 次ページ 最後