表紙に戻る

もう一度小学生

独立記念日 8月17日
これがここの子ども会?大人会?
すごいダンス
尊重された お祈り
一番!簡単な方法伝授
休み時間
月1回の外そうじカード大好き!
ポケモンカード大人気
学校でお買い物!
お祈りお祈りさらに金曜日は
「みかんの未完成レポート」
ぼくの家族はインドネシア語です
ごっつい、正直な小学生!

愛すべき小学校

コミュニケーション能力MAX
小学生の落第!
入学の年令がバラバラ?
「早く!早く!早くしなさい。」
宿題わすれ、耳鼻パッチン!
理科の実験大好き
学校銀行
ままごと
職員会議テスト編
進級テスト今年度第一回目
幼く育てるに限る
子どもよりも早く帰る先生
体育のテストこれで最後
先生の研修
先生の手作り
ケンカしても先生不要

bagus! いいかんじ!

先生のお給料表示
町の学校と村の学校
余談
はやりの遊び
見せびらかしテスト返却
家庭科での食事
水泳のテスト
ユニフォーム紹介
プアサ (断食月)
ほのぼのプアサ
マンディーフジャン(雨の水浴び)
成績発表 
成績はいかに?
礼儀正しいあいさつ
虫歯鬼だよ、歯を磨きなさい!
まだ見ぬ友達へ-11月11日の話

Aaik juga! これもいいね!

校内放送
うんこの話
手が感じる味
校長室で注射「イタタタタ~~」
数字の並ぶ音楽
マクドナルドもプアサを応援!
花火の季節
おじぎ草
停電三昧
12月25日
イスラムのお正月ればらん
恋人の条件
これは楽しい始業式
「お土産は?」
手紙の中の「寒い」という表現
大好きなたこあげ
体育の時間始まりは衛生検査

まじない師の話

3年生からの英語教育
ウパチャラ
こんなのあったらボランティア
障害を受けた心
月に行ったらいいことあるよ
つなぐ人

写真集

 みんなと握手
 みんな仲良し
 先生たち
写真アラカルト

表紙に戻る

「ぼくの家族はインドネシア語です。えっへん。」

n9月28日  これを聞くと当たり前のように感じますが、インドネシアは3000以上の民族がすんでいて、各民族の言語は250ともいわれている。一番多いのがジャワ人(ジャワ語)、スンダ人(スンダ語)などになっている。だからそれぞれが地方語を持っている形になる。実際に目の前でインドネシア語からジャワ語にかわると、分からない言葉がさらに全く分からなくなり、会話はお手上げ状態。ここロンボクではササック語を習うことになった。どこへ引っ越ししても地方語は教科の中にあって子どもたちはそれを習う。つまり、地方語が違うところへ親の転勤で行く子どもは一言「限りなく大変」である。私はこのクラスの子どもたち(ササック人)はみんなササック語がしゃべれると思ってたのだが、実際は村の奧の生活にしかしっかりと残っていないとのことだった。また、村の奥地にはインドネシア語がしゃべれない人がいっぱいいる。「ねえ、ササック語しゃべってよ。」
「無理、難しいもん。」
「家でだれがしゃべってるの?」
「うちの家はインドネシア語だけ!聞きたかったら村に行ったら聞けるよ。」と言う会話の中で、いかに統一されたインドネシア語を誇りに思ってるかを感じた。
(また、インドネシア語ができない村人をちょっと下に見てる言い方だった気もする。)
 地方語の時間は古典をラオ語・タイ語などで勉強してる感じです。分からないのに座ってるのもつらいもの。まるでお化け文字 トホホ・・・・
一つの国、一つの言語。オランダ・日本の占領を経て独立。1945年の憲法で「インドネシア語に統一」となりました。


先頭 前ページ 次ページ 最後